ユウの銀河ブルーパイ製作ノート

中学生でもできる!ラズパイ・模擬人工衛星づくり

チーム「銀河ブルーパイ」を紹介します!

プラネタリウム銀河鉄道の夜
(原作:宮沢賢治/撮影・脚本・CG:KAGAYA、公式ページより出典:)

なぜ「銀河ブルーパイ」?
小学生の時にプラネタリウムで観た「銀河鉄道の夜」。
絵がきれいであのドームいっぱいに広がる孤独な少年ジョバンニとその友人カムパネルラの銀河鉄道旅行。童話の良さと映像・音響効果でとても幻想的で感動的でした。
(と、ハードカバーの宮沢賢治童話しか読んだことがない銀河鉄道999世代のお父さんも言っておりました)。


チーム名をつけるにあたり、「〇〇サット」という名称は私にはカッコよすぎる。
もっと簡単でフツーの人にも「なんだこれ?」という気持ちで興味をもってもらえたら嬉しい。そういう思いで命名しました。

※ユウが鉄オタで「WEST EXPRESS 銀河など、銀河と名の付く青い特急・SL列車にはぜんぶ乗ってみたい!!」という強い意志?で「銀河ブルー」が選ばれたという説もあります・・・

ユウ

高専生でも理工系大学生でもない、

ごくフツーの中学3年生。

宇宙に興味を持ったことをきっかけに

右も左もわからないけどラズパイを始める。

鈴木先生(ユウのラズパイ相談役)
いまは国立理工系大学を退官してのんびり暮らしている。
なのに、ひょんなことからユウのラズパイチームのコーチに。
音楽や楽器が大好き。

お父さん(ときどき登場する、このブログ担当)
自称(笑)資材・購買・広報担当。
このブログもお父さんにまとめてもらっている。
お母さんからは
『子どものプロジェクトに手を出すな!』
と厳しく監視されている。